KoikeTakayuki’s diary

プログラムとか、思ったこととか

自責と他責

自分のことを理解するためのメモ。

 

 

世の中には問題解決にあたって、二種類の人間がいるとされています。

 

・自責

 都合の悪いことに対して、自分に原因があると考えること

・他責

 都合の悪いことに対して、他人に原因があると考えること

 

 

一般的には自責のほうが良いとされています。

 

なぜなら、自責型の人間は他人が犯したミスや環境が原因で起こる問題に対しても主体的に取り組むので、様々な場面で問題を分析・解決し、成長することができるからです。

 

それに対して、他責型の人間は問題を自分にあると考えないので、学習する頻度が少ない。だから自責型の人より成長しないのだそうです。

 

 

 

 

自分は他責型だ、と言及されてこのように考えているわけです。

 

確かになぁ、直さないとなぁ、と感じる一方で

本当にそうなのか?と疑っている自分もいます。

叱ってくれることには感謝ですが、なんだか複雑なきもちなのです。

後は自分を他責型だ、と認めたくない感情もあるのでしょうが。

 

 

 

 

 

 

 

他責・自責は置いといて、主体的になったほうが

自分の想像する理想のプロセスをすぐに実行しようとするので、

人生を進める上で都合がいいのかもしれません。

 

例えば「部屋掃除しないとなぁ」と考えても、掃除しないことがよくあるのですが

主体的な姿勢を持つ人は、想像したことが行動に現れ、その結果部屋を掃除するでしょう。

 

 

 

言いたいのは

「客観的に見てこれは環境が悪い」と思うこと(他責)と「主体的に行動する」は別物です。自責にすることが美徳なのではなく、主体的に行動することが美徳なのです。

 

 

だから

「客観的に見てこれは環境が悪いけど、しょうがないから自分でやれることをやろう」

という感情を持ってる人は、内心では他責だけども成長があるように思います。

 

すべての事象を自責として受け止めるのは無理があるように思います。

特に客観的事実に照らし合わせて自責でないものを自責として捉えるのは

ほとんど生産があるように思えません。やっぱり悪いやつは悪いんです。

 

ただ、そこで主体的な行動が止まってしまうことこそ、本当の悪なのです。

 

 

 

 

 

まぁなんにせよ、人や環境のせいにした結果主体性が損なわれて

損することも多いのでうだうだ言わずに実践して自責人間に寄せていきたいと思います。

 

おわり。

【書評】ミンスキー博士の脳の探検 -常識・感情・自己とは-

 

 

www.amazon.co.jp

 

AIの父として有名な、Marvin Minskyの人間の考え方に関する本です。

原題は「The Emotion Machine」。 

400ページほどで中身のつまった本なのですが

論理的に書かれており、内容が非常に面白くスラスラ読めました。

 

 

原題を見ると分かるのですが、本の中で「人間は複雑なマシンである」ということが

述べられています。これは、人間の思考が複数のプロセスの組み合わせから成り立って

いて、そこに所謂スピリチュアルなものは存在しないということを言っています。

そして本書では、そのプロセスについてのMinsky先生の持論がかなり詳細に記載されています。

 

抽象的な話かな、と思ったのだけど全然そんなことはなくて

ほとんどの説明はそのプロセスをPCでどう実現できるか想像できるくらいに

具体的です。(エンジニアなら)

 

 

印象的だったのは、天才と呼ばれる人たちについての学習プロセスの考察で

彼らの学び方は、学習の早い段階で「学習することについて学習する」ことで

その才能を他と異なるものにしている、という部分はなるほど、と思いました。

 

そして間違いなくMinsky自身も天才なのですが

彼自身そのプロセスを意識的に行っていた気がします。

 

本を通じて、そんな天才の学び方に対する姿勢を教えてもらったという感じです。

人生において、かなり長期的にプラスになったと本気で感じました。

 

  

AIやってる人にも、エンジニアにも、数学者にもオススメの一冊です。

あと、子育てしてる人にも絶対読んで欲しい。

 

 和訳がすごくいいので、特にこだわりがなければ日本語版がおすすめ

 

www.amazon.co.jp

 

 ↑日本語版

↓英語版

www.amazon.co.jp